ネイリストになるには、ネイルの検定試験を受けなければなりません。
ネイリストの検定試験には、基本的な資格からかなり上級者の資格までさまざまな段階や種類などがあります。
そのうちの1つとして一般的に1番よく知られているのが、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(通称:JNE)主催の「ネイリスト技能検定試験」というものです。
このネイリスト技能検定試験には1級~3級という段階があります。

1級は国際ライセンスと同等の最高レベル資格なのです。
2級はサロン店に入店し働くことの出来るレベルの資格なのです。
3級は初級レベルの資格なのです。
1級だとプロ中のプロと言えるレベルなので、理論や理解などに申し分なく活躍できるかどうかが合格の基準点となります。
2級では、ネイルケア・チップ&ラップ・アートをサロン店の勤務で実践できることが合格の基準点となります。
3級では、ネイルケアの手順を正しく行えることが合格の基準点となります。
ネイル1

このように、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(通称:JNE)主催の「ネイリスト技能検定試験」という1つの種類の試験にも1級~3級という種類が存在するのです。
この資格はサロンへの就職の基準にもよく使用される資格なのです。

Comments are closed.

Post Navigation