近年では、急激に「ジェルネイル」の普及がめざましくなってきています。
お客様の間でもジェルネイルをご希望する方が増えてきているのに伴いJNA主催で「JNAジェルネイル技能検定試験」という試験も始まりました。

初級レベルでは、ジェルネイルに関する基礎レベルの資格です。
この初級レベルの資格は、カラーリングの基本を行えることが合格の基準点なのです。
上級レベルでは、ジェルネイルに関する試験でプロレベル級の資格になります。
この上級レベルの資格では、手などの両指の10本の「ネイルケア」・「カラーリング」をプロレベル級で行えることが合格の基準点となるのです。

このように、JNA主催の「JNAジェルネイル技能検定試験」という試験にも段階があり1種類ではないのです。
初級レベルと上級レベルのこの2種類が存在します。
ジェルネイルを学べる学校で学ぶことがいいでしょう。

学校を選ぶ際に重要なのが「JNAの認定校」かどうかと「JNA認定の講師」がいるかということが重要です。
ネイリストは資格がなくても「ネイリスト」と名乗ることができる職業なので、認定校かどうかや認定の講師がいるかなどでしか、その学校の指導力や設備をはかるものがないのです。
だからこそ、この2つを備えた学校を選ぶことが大切なのです。

Comments are closed.

Post Navigation