a0001_008101

私の通っている美容室、マーマレードスカイ。
この美容室は、隠れ家的な裏路地にある、知る人ぞ知る美容室です。
一見強面のオーナーさんは、その外見とは違い、気さくで優しいおじさま。
で、美容室難民になっていた私がなぜここを選んだかというと、個性的なヘアスタイルが得意だということ。
実際に行ってみると、技術がしっかりしていて、仕上がりに一切妥協がない。
なので、今ではこの美容室以外に行く気がおきません。

私が美容室を変えた理由

以前は比較的規模が大きな美容室へ通っていました。
たしかにそういう美容室はお客さんが多く人気があるのがわかるのですが、私が運が悪かったのか
最終チェックは結局責任者の方待ちだったりして、とにかく無駄な時間が多くかかりました。
今通っている美容室は、従業員3名ですが、自分たちの手が届く範囲でしか同時に予約は入れて
いないようで、無駄な待ち時間がなく、電話で名前を告げただけで「ご無沙汰してます!」とすぐにわかって
くれたりとアットホームでとにかく居心地がいいです。
今後も、私はこのこぢんまりとした美容室に通い続けることでしょう。

美容室のカットの早さに驚き

初めてだったので担当が決まっておらず、おまかせにしようとしたところ店長さんがやってくれることになりました。
それで髪をカットしてもらったんですが、カットがとても早いです。
スピードがあってしかも正確にカットできているところがすごいと思いました。
そのヘアスタイルは友達にも好評でした。

中目黒でオススメの美容室はコチラ>>http://xn--frms-zf5f862egeap53u1hq3o5e.com/

記事入れ167

記事入れ167

最近あらゆる場所で災害が起きていますよね。できることなら何も起きないことが良いのですが、いざ起きてしまった時に、けが人等を保護する場所が必要です。そんな時にあったらいいテントのポイントをご紹介します。

通気性のあるテント

夏場や暑い場所でのテント内は蒸れてしまい、余計具合が悪くなってしまうので、メッシュが使われているような通気性の良いテントを選ぶのがよいでしょう。

簡単に設置できるもの

緊急事態の場合、いつでもテント設置に慣れた人が人がいるとは限りません。そのため、誰もが迷うことなく設置できる、広げるだけのような簡単構造のテントだと良いでしょう。
組み立てなくてもいいテント

様々な形に変化するテント

テントだけあっても中で全てつながっていないほうが良かったり、囲いがあったりしたほうが良いという場合もありますよね。そんな時は、横幕や床専用のシート、テント内の仕切り用シートなどでその時の状況にあったテントを設置できるものがよいでしょう。

屋内用テント

テントの使用は外だけではありません。避難場所のような不特定多数の人が共同で生活する場合、着替えなどのプライベート空間を作ることも必要です。そのためには、テントを安くレンタルする裏技として室内専用の軽量テントをおすすめします。

美容室の口コミはとても参考になります。
良い悪いももちろんですが、こんな感じに仕上がりますと言うのは、通ってみたくなるポイントになります。
こんなこともやっている、あんなこともやっているという内容も一番ですが、美容室の雰囲気を写真などで紹介していると行きやすくなります。
この評判が良いというのは大きなポイントになります。
ホームページ等で紹介する内容よりも実際体験した方の声を聞いたほうが、その美容室がわかるともいえるでしょう。
そこで注目したいのは、技術の内容や美容師の接客、溝の口 美容院
の店の雰囲気などでしょう。
CX_FV091
興味を持ったのなら確認をする意味でも訪れてみたいと思うところです。
現在、新しい美容室を探しているとか、新規開拓をしたいという方は、是非口コミをご覧になってみてください。
私の町では、ホームページが無い美容室しかないというときには、アナログ的なうわさ話や井戸端会議で話題になっているところを注目してみてください。
新規開店の美容室などがある場合は、特に注意するとよいでしょう。
初めての店で、開店したてということになると、店側も構えてくることになります。
初対面はぎこちないことが多いですが、何回か通ううちに、自分に合う合わないが見えてきます。
最初に行くときの口コミは、大切です。
たまには有名美容室で、なんていうときも評判を確認してから訪れることをお勧めします。
美容室は、気の合うところを探す、この行為も楽しいです。
美容院でのカットについて…

子供を出産後、骨盤がズレにズレてしまっていたので、太幅のゴム素材ベルトを愛用していました!起きている間に巻いておくだけなのですが、これが効果アリ!1ヶ月付け続けていたら、明らかにウエスト~お尻周りが小さくなりました。また、つけている間は不思議と姿勢が良くなり、立ち上がったり腰かけたりという仕草も楽になったので、出産で骨盤が開いた方以外でも利用できると思います、お勧めです!
af0100007101

姿勢が悪いと体が歪んでしまう

姿勢が悪いと、気付かないうちに体が歪んでしまう事があります。
ですので常に背筋を伸ばし、美しい姿勢を意識することを心掛けています。
また骨盤の歪みを改善するには、肩幅ほど足を開き両手を腰に当て、腰を回すようにゆっくり動かすと良いようです。
骨盤のゆがみタイプチェック!【骨盤矯正エクササイズ】
あぐらや斜め座りは骨盤の歪みの原因になるため、できるだけ控えた方がいいでしょう。

辞められない縮毛矯正

幼い頃からくせ毛が悩みで、学生の時に頑張って貯めたお金で縮毛矯正をかけました。
初めてかけたときサラサラストレートにとても感動し、それ以来ずっとかけています。
昔よりも薬も良くなっているのか、より自然でダメージが少ない仕上がりにしてもらえます。
それに加えて価格もリーズナブルになってきているので大満足しいています。

ES001
料理のバリエーションを色濃く表すメニューに、無国籍料理、多国籍料理があります。
様々な料理を国を超えて、混在させることで、独自の食文化を生み出すことがあります。
その国でしか手に入らない材料があったとします。
しかし、輸入もできないし大量生産もできないとすると、飲食そのものも不可能になってしまいます。
そこで、現地で入手できる材料を使用して、独自にメニューを作ってしまうわけです。
それがその国では定番になってしまうということもありますが、厳密にいうと、その国のメニューではなく、無国籍料理というように紹介されることになります。
日本食で言うと、国によっては、日本はアジアの一つの国でしか過ぎないため、中国や韓国と区別がつかないという民族も存在します。
日本から見ると、中国も韓国も飲食で言うとまったく異質なのですが、詳細を知らない国では、韓国の飲食が日本のものと思うことも多いです。
自国以外の国での飲食になると、その民族の味になってしまうことでその時点で、無国籍料理になってしまうのも事実です。
要するに、わざわざ無国籍料理と言わなくても、すでに他国籍の料理になっていると言えます。
しかし、神楽坂にある和食料理屋 ささ木は飲食物はそういったものであって、それぞれに違っていて良いのでしょう。
あえて、無国籍料理と名付けることで、その世界観が広がることになります。
毎日口にしている飲食物は、本当は多国籍料理になっていると言っても過言ではないでしょう。
日本食のお寿司にしても、他国に行くと日本では口にではない内容になっていることが多いです。

マニキュアの元々の語源についてですが、「マニキュア」とはラテン語で「マヌス(手)」・「キュア(お手入れ)」の事を表しています。
なので直訳すると「マニキュア」とは、「爪のお手入れ」という意味になるのです。
日本でマニキュアといえば、爪にネイルカラーをしたり装飾をすることだと思われていますが、本当は爪のお手入れをするという意味で広義のネイルケアの事を示しています。
普段何気なく私達日本人が使っている「マニキュア」とは、本当は「ネイルカラー」・「ポリッシュ」・「ネイルラッカー」などというのが、正しい呼び方なのです。
ネイル2
日本では当たり前に使っている「ネイリスト」とは、実は「ネイリスト」と呼んでいるのは日本が発祥の言葉なのです。
海外では「ネイリスト」ではなく、一般的には「マニキュアリスト」・「ネイルアーティスト」などと呼ばれています。
このように、「マニキュア」や「ネイル」・「ネイリスト」などのように普段当たり前に使っている言葉をきっちり理解していたつもりの言葉も、実は現代とは少し形は違うものの形を変えながら変化してきたという歴史も深く・言葉の意味もあるのだということを、この機会に理解し今後使用していくことが大切なことだと思います。

ネイルアートの歴史は、紀元前3000年~4000年ごろの古代エジプトには、すでに爪に着色をするという文化がすでにあったそうです。
ヘナという植物性の染料を使い、位の高い人間ほど濃い色を着色されていたと言われています。
そして、古代のエジプトでは、爪の色によって階級を見極めていたと思われます。
世界のさまざまなところで唐の時代や古代エジプトでは爪に装飾をほどこしていたと知られています。
また、日本では江戸時代に爪を染める習慣があったと「女朗花物語」などの書籍に残されています。
日本での爪の染め方は、「ホウセンカの花」・「カタバミの葉」を揉み合わせたものなどで、爪を染めるという方法でその時代はマニキュアをしていたのです。

ホウセンカの花の古名は「爪紅(ツマクレナイ)」というところからも、江戸時代から爪を染める(マニキュアをする)という風習が広く知られていたということがわかるのです。
その後、現代のようなポリッシュができ始めたのは1923年頃といわれ、そのもともとは、アメリカで発明された自動車などの塗装用のラッカーだったそうです。
速乾性のある、そのラッカーというものがポリッシュに応用されたといわれて、その後に日本に本格的に入ってきたのが1970年代のことだそうです。

ネイルは、もともとはアメリカで大ブームが起こり次々にネイルサロンがオープンしていったといわれています。
その後またたく間に日本でも流行が起き一般の人々にも定着するようになりました。
現在では日本のネイルの技術は、世界のトップクラスとなっています。

ネイル3
ネイリストの魅力として1番多きいのが、女性にとっての永遠のテーマである「美」を追求することのできるやりがいのある楽しい職業なのです。
女性の「美」と一概にいってもさまざまありますが、ネイリストなら爪・指先に対する「美」が当てはまります。
爪は常に裸なので人目に触れやすい箇所といえるでしょう。
お手入れをしている爪と、していない爪とでは一目両全で全く違います。
しっかりと爪先までお手入れが行き届いている女性は内面まで美しくみえるものなのです。

ネイリストは、そんなお客様の美しさを引き出すお手伝いを行うお仕事です。
お客様に喜んでいただくことで充実感を感じることができます。
お客様の爪を綺麗にして差し上げることで、毎日爪を見て明るい気持ちになっていただくことができます。
お客様の美しさを引き出すだけでなく、ネイリスト自身の美的センスも日々磨くことが出来ます。
基本的なデザインに始まりオリジナリティーなデザインまでさまざまな技術を極めることができます。
流行を取り入れてみたりオリジナルなデザインを発信してみたりいろいろ研究をしてみたりと飽きのこない探究心を持って美しさを極める事のできる、やりがいに満ちた職業です。

近年では、急激に「ジェルネイル」の普及がめざましくなってきています。
お客様の間でもジェルネイルをご希望する方が増えてきているのに伴いJNA主催で「JNAジェルネイル技能検定試験」という試験も始まりました。

初級レベルでは、ジェルネイルに関する基礎レベルの資格です。
この初級レベルの資格は、カラーリングの基本を行えることが合格の基準点なのです。
上級レベルでは、ジェルネイルに関する試験でプロレベル級の資格になります。
この上級レベルの資格では、手などの両指の10本の「ネイルケア」・「カラーリング」をプロレベル級で行えることが合格の基準点となるのです。

このように、JNA主催の「JNAジェルネイル技能検定試験」という試験にも段階があり1種類ではないのです。
初級レベルと上級レベルのこの2種類が存在します。
ジェルネイルを学べる学校で学ぶことがいいでしょう。

学校を選ぶ際に重要なのが「JNAの認定校」かどうかと「JNA認定の講師」がいるかということが重要です。
ネイリストは資格がなくても「ネイリスト」と名乗ることができる職業なので、認定校かどうかや認定の講師がいるかなどでしか、その学校の指導力や設備をはかるものがないのです。
だからこそ、この2つを備えた学校を選ぶことが大切なのです。

ネイリストになるには、ネイルの検定試験を受けなければなりません。
ネイリストの検定試験には、基本的な資格からかなり上級者の資格までさまざまな段階や種類などがあります。
そのうちの1つとして一般的に1番よく知られているのが、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(通称:JNE)主催の「ネイリスト技能検定試験」というものです。
このネイリスト技能検定試験には1級~3級という段階があります。

1級は国際ライセンスと同等の最高レベル資格なのです。
2級はサロン店に入店し働くことの出来るレベルの資格なのです。
3級は初級レベルの資格なのです。
1級だとプロ中のプロと言えるレベルなので、理論や理解などに申し分なく活躍できるかどうかが合格の基準点となります。
2級では、ネイルケア・チップ&ラップ・アートをサロン店の勤務で実践できることが合格の基準点となります。
3級では、ネイルケアの手順を正しく行えることが合格の基準点となります。
ネイル1

このように、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(通称:JNE)主催の「ネイリスト技能検定試験」という1つの種類の試験にも1級~3級という種類が存在するのです。
この資格はサロンへの就職の基準にもよく使用される資格なのです。